FC2ブログ

プロフィール

大便民国ウォッチャー

Author:大便民国ウォッチャー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

「国の借金」はマスゴミのウソ

リンク

ヘル朝鮮の異常性

最新コメント

アクセス数


現在の閲覧者数:

朝日新聞の魂胆を見破る法

RSS

朝鮮人売春婦の虚言のユネスコ記憶遺産への登録見送りへ

【ユネスコ】記憶遺産 慰安婦問題の資料 登録は見送りの公算[10/27]

1 :荒波φ ★ :2017/10/27(金) 12:02:01.29 ID:CAP_USER.net[1/2]
ユネスコの記憶遺産の新たな登録を審査している専門家の委員会が、韓国や中国などの市民団体が申請した慰安婦問題に関する資料について、登録するかどうかの判断を見送ったことが関係者への取材でわかりました。今後はユネスコの事務局長が最終的な判断を行いますが、登録は見送られる公算が強くなっています。

ユネスコの記憶遺産は世界各地に伝わる貴重な古文書や映像などを人類の財産として保護する事業で、専門家が新たに申請された資料について登録の是非を審査する国際諮問委員会が、フランスのパリで開かれています。

委員会の関係者によりますと、26日、非公開の会議が開かれ韓国や中国などの市民団体が作るグループなどが申請した慰安婦問題に関する資料2件について、関係国の対話が必要だとして登録するかどうかの判断を見送ることで一致したということです。

記憶遺産をめぐっては、おととし日本と中国で見解が異なる南京事件をめぐる資料が登録されたことなどから、日本政府は事業が政治利用されているとして改善を求め、10月開かれたユネスコの執行委員会で、各国は事業を進めるにあたっては対話の原則に基づき、さらなる政治的な緊張を避けることで合意していました。

今後は、ユネスコのボコバ事務局長が登録の是非について判断することになりますが、専門家が判断を示さなかったことで慰安婦問題に関する資料の登録は、見送られる公算が強くなっています。


10月27日 4時25分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171027/k10011199571000.html



4 ::2017/10/27(金) 12:04:46.32 ID:yBjbTWv9.net
嘘吐き売春婦なんて登録したら末代までの恥どころじゃないから当然


9 ::2017/10/27(金) 12:09:45.29 ID:GUdMVIFE.net
日本の立場は一貫して
「登録するのは構わんが証拠はあるんだろうな?あ?」
だからな


10 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2017/10/27(金) 12:11:35.63 ID:hPHcTolA.net
米、日脱退。中国がユネスコを牛耳る。アフリカとかの乞食国以外ついてこないよ。
中国印のユネスコに正当性はない。


11 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2017/10/27(金) 12:12:02.16 ID:WP+GYUS8.net
ようやく世界遺産の投げ売りが終わるのか


18 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2017/10/27(金) 12:16:22.60 ID:/btVL51r.net
朝日新聞のでっち上げ記事


19 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2017/10/27(金) 12:16:30.68 ID:ElRZFbP8.net
韓国の歴史ファンタジー教科書を登録すれば、韓国人はホルホルできるし世界は楽しめるしWin-Win。


20 ::2017/10/27(金) 12:18:40.07 ID:wgGBZEN8.net
慰安婦BBAの証言や絵なんて記録でもなんでもない


29 ::2017/10/27(金) 12:31:45.14 ID:NpuxHZvp.net
ライダイハンは数々の証拠が残ってる


55 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2017/10/27(金) 15:49:30.99 ID:G5eIOxjH.net
そもそも、登録たって何の物的資料もなく只あるのは慰安婦の偽証のみだろ。
そんなもの、何を登録するんだ?


56 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2017/10/27(金) 16:04:16.93 ID:EAfnNBFI.net
そりゃウリナラファンタジーではなあw


61 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2017/10/27(金) 19:03:48.38 ID:NQtKtg5/.net[1/2]
朝鮮人の捏造行為とユネスコが見送った行為の二つを世界記憶遺産に

ライダイハンと天安門事件を記憶遺産に登録しろ、と思われた方はクリックをお願いします。

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す