FC2ブログ

プロフィール

大便民国ウォッチャー

Author:大便民国ウォッチャー

最新記事

令和の政策大転換

リンク

ヘル朝鮮、ウソの代償

最新コメント

アクセス数


現在の閲覧者数:

最新トラックバック

日本再生プロジェクト

RSS

ヘル朝鮮経済は絶体絶命の危機wwwwww

【経済】「韓国経済は絶体絶命の危機…成長軌道から完全に離脱した」 [H29/3/3]

1 :◆qQDmM1OH5Q46:2017/03/03(金)09:37:38 ID:???
「韓国経済は絶体絶命の危機…成長軌道から完全に離脱した」

韓国経済学会政策セミナー
 
新たな産業・雇用創出など
 政府支援なしにはできない状況 
「システムの失敗」の指摘出て 

低成長から脱出できる代案の提示 
症状・財閥改革・財政拡大 
ベンチャー企業には差等議決権付与し 
人口部・大統領直属の通商委員会設置すべき

 「危機」という幽霊が韓国を数年間徘徊している。「4月危機説」のように根拠が稀薄な危機説もたびたび出没する。
国家信用格付けは歴史上最も高く、外貨保有高が十分あるにもかかわらず、“経済危機論”が絶えない理由は何だろうか。
さらに、危機から脱するためには何が必要だろうか。

■「絶体絶命の危機」韓国経済

 韓国経済学会は2日「絶体絶命の危機の韓国経済、どこに向かうべきなのか」をテーマに政策セミナーを開いた。
国内経済分野で“長兄”とも言うべき同学会が現在の状況を「絶体絶命の危機」と見なしたのだ。ク・ジョンモ学会長(江原大学教授)はセミナー前に行ったハンギョレとのインタビューで「絶体絶命の危機という言葉が大げさに聞こえるかもしれない。しかし、対内外的に『パーフェクトストーム』が立ち込めている。大統領選挙局面で経済学者たちが声を出さなければならないという切迫感の中でこのセミナーを企画した」と話した。分野別に国内を代表する学者たちが発表者を務めた。

 マクロ・金融分野の専門家である高麗大学のシン・グァンホ教授は「低成長」をキーワードに危機論を展開した。シン教授は韓国経済が1989年と1997年の2回にわたり大幅な成長鈍化を経験したと紹介した後、「世界金融危機以降、2010年頃から成長率3%以下の低成長に本格的に差し掛かった」と話した。彼は「現在の低成長は景気循環のレベルから一歩進んで、構造的要因による低迷」だとして「ヒステリシス現象」まで言及した。ヒステリシス現象とは、経済が従来の成長軌道から離脱し、元に戻れない現象を指す。

続き ハンギョレ
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26684.html



4 :名無しさん@おーぷん :2017/03/03(金)10:54:46 ID:8QS ×
助けない
教えない
関わらない



5 :名無しさん@おーぷん :2017/03/03(金)11:28:43 ID:M43 ×
気にするな
つらい時こそ
反日だ



6 :名無しさん@おーぷん :2017/03/03(金)12:32:09 ID:3Cf ×
四月危機説すら希薄と思ってる時点で終わっとる


7 :名無しさん@おーぷん :2017/03/03(金)19:10:15 ID:Hzl ×
幸せ時間を長くしたいんだよきっと


8 :名無しさん@おーぷん :2017/03/03(金)20:11:47 ID:n8P ×
反日すれば良いと思うよ

マスゴミはヘル朝鮮経済は絶好調といっているぞ、と思われた方はクリックをお願いします。

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す