FC2ブログ

プロフィール

大便民国ウォッチャー

Author:大便民国ウォッチャー

最新記事

令和の政策大転換

リンク

ヘル朝鮮、ウソの代償

最新コメント

アクセス数


現在の閲覧者数:

最新トラックバック

日本再生プロジェクト

RSS

賭博・盗撮・暴動・暴行…"トンスルの英雄"ヘル朝鮮代表らの限りない墜落wwwwwww

【韓国】賭博・盗撮・暴動・暴行…"国民の英雄"国家代表らの限りない墜落(総合)[8/31]

1 :ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c:2016/09/03(土)00:33:53 ID:niV(主) ×
感動と歓喜、勇気を与えて'国民の英雄’として位置する前・現職の国家代表選手たちが次々と墜落している。

国家代表の水泳選手のコーチのユ某(33)氏は去る28日、泥酔状態で車両2台を相次いで盗んで高速道路で暴れまわって警察に捕まった。

2000年代初期、国家代表を務めたユ氏はリオオリンピックに出場した某国家代表選手の個人専門担当コーチとして仕事をした。

前国家代表の水泳選手のA(24)氏は忠北(チュンブク)、鎮川(ジンチョン)の選手村のプールの女子更衣室に隠しカメラを設置して撮影した疑惑で最近、警察に不拘束立件された。

A氏は4年前のロンドンオリンピックに国家代表で出場した。

警察はA氏が高校生の時期の2009~2010年に京畿(キョンギ)地域のある体育高校のプールの女性更衣室に盗撮用のカメラを設置した、という情報も入手して確認に乗り出した。

リオオリンピックに出場した別の代表選手のB氏もA氏の犯行に共謀したという疑惑を買っている。

2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックを2年も残していない今、韓国の看板種目のショートトラックの選手とコーチが賭博に大挙、関わった。

京畿北部地方警察庁サイバー捜査隊は去る5月、国家代表のイム某(21)氏などショートトラック選手18人とペク某(35)氏など前ショートトラックの国家代表コーチ4人を国民体育振興法違反などの疑惑で不拘束立件した。

彼らは2011年1月から今年2月まで最大で700回余りに渡って不法スポーツ賭博のインターネットサイトで金をかけて常習賭博行為をした疑惑を受けている。

賭け金は1人当り数十万ウォンから数億ウォンに達し、ペク氏の場合、4億ウォン程、賭けるなど、立件された被疑者の総賭け金は10億ウォンに達するものと把握された。

彼らは大学寮と合宿所など場所を選ばず賭博サイトに接続して国内野球、サッカー、バスケットボールなどスポーツ競技の結果を当てる方式で競技当たり1万~50万ウォンずつ賭けた、と調査された。

2008年北京オリンピック男子ウェイトリフティングの金メダリストであるサ・ジェヒョク(31)は去る3月、後輩を暴行した疑惑で不拘束起訴された。

サ・ジェヒョクは昨年12月31日午後11時頃、江原道(カンウォンド)、春川(チュンチョン)市、槿花洞(クヌァドン)のあるビヤホールでウェイトリフティングの有望株である後輩のファン・ウマンが自分の噂をしている、と拳と足で顔などを数回殴った疑惑を受けている。

ファン・ウマンは頬骨付近が陥没するなど全治6週の傷を負った。

国際舞台に名を知らしめたスポーツスターのサ・ジェヒョクは一瞬のミスでウェイトリフティング界から事実上、永久退出した。

重量挙げ連盟は選手委員会を開いて後輩を暴行したサ・ジェヒョクに'選手資格の停止10年'の重い懲戒を下した。

去る7月にはプロ野球界のNCダイノスのイ・テヤン投手が金を受け取って勝負ルールを操作した疑惑(国民体育振興法違反)で不拘束起訴された。

スポーツスターの相次いだ不祥事は人格教育や正規の学習よりは競技成績を重要とする韓国の体育エリートのゆがんだ現実を赤裸々に見せている、と専門家たちは指摘する。

聯合ニュース
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2016/08/30/0200000000AKR20160830130651064.HTML


3 :名無しさん@おーぷん :2016/09/03(土)06:50:26 ID:h68 ×
立派な朝鮮人の代表だと思うが…


4 :名無しさん@おーぷん :2016/09/03(土)07:00:08 ID:khY ×
清原「韓国人はまだまだ未熟やな」


5 :名無しさん@おーぷん :2016/09/03(土)16:24:02 ID:wKI ×
墜落しきったトコに居てナニ言ってんだ

堕落しているのはスポーツ界だけじゃないだろ、と思われた方はクリックをお願いします。

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す