FC2ブログ

プロフィール

大便民国ウォッチャー

Author:大便民国ウォッチャー

最新記事

令和の政策大転換

リンク

ヘル朝鮮、ウソの代償

最新コメント

アクセス数


現在の閲覧者数:

最新トラックバック

日本再生プロジェクト

RSS

ヘル朝鮮は平凡な暮らしがしたいというのがぜいたくと思われる国ニダ

【萬物相】韓国社会に深まる「世代間の絶壁」[1/24]

1 :ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c:2016/01/25(月)12:38:05 ID:cGh(主) ×
前略:ヘル朝鮮について検索すると「年齢で上下が決定する国家」「平凡な暮らしがしたいというのがぜいたくと思われる国家」「情熱と努力という二つの単語で全ての社会問題を無視する国家」という若者の声が見つかる。しかし中年以降の世代は「なぜ努力や挑戦もせずに座り込むのか」と考える。ジェネレーションギャップは韓国に限った問題では無いのは明らかだ。

 しかし、最近韓国のジェネレーションギャップは常識的水準を超えてしまっているようだ。「基礎年金VS青年手当て」「定年延長VS青年の働き口」。世代間の対立構図が激化したことで、「ゼロサムゲーム」をするような格好になってしまった。そして今では、ジェネレーションギャップを超えて「世代絶壁」という言葉までが登場した。朝鮮日報の新年号世論調査を見ると、その言葉が実感できる。20-30代は「共に民主党」、40代は「安哲秀(アン・チョルス)新党」、50代以上は「セヌリ党」を
それぞれ最も多く支持した。

 朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の国政運営をめぐっては「うまくやっている」が20-30代では20%前後にとどまった。この割合が50代では64%、60歳以上では実に83%にも上る。また、20代は所得分配を、50代以上は経済成長をより重視した。あるテレビ局の慰安婦交渉世論調査でも、ジェネレーションギャップが明確に現れた。40代以下は「満足しない」が、50代以上では「よくやった」がそれぞれ最も多かった。こうした中でも幸いだったのは、安保については異見がほぼなかったという点だ。世論調査では「北朝鮮がわれわれの警戒対象、または敵対的対象」という20-30代の認識が50-60代を上回った。

 親と子、中年以降の世代と若い世代が経験する現実は、まるでコインの両面のようだ。詩人の具常(ク・サン)はずいぶん前から「中年以降の世代や新世代は同じ状況を生きているパートナーであり、毎日毎日バトンを渡しては受け取らなければならない同一線上の走者」と説明する。さらに「これら世代の協力なしには人生の共同基盤であるこの国、この社会を前進させることはできない」と言う。より良い未来を望んでいるのは同じだが、各世代同士が戦争でもするかのように見えるのは、現実がそれほど厳しいということを物語っているのだろう。

姜仁仙(カン・インソン)論説委員

省略部の詳細はソースで
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/23/2016012300443.html


2 :名無しさん@おーぷん :2016/01/25(月)12:39:50 ID:zaR ×
そこで共産主義ですよ(´ω`)


3 :ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c :2016/01/25(月)12:39:57 ID:cGh(主) ×
年齢が上がるごとに若者は中年の考えを持つのか、あるいは若者の考えが社会全体のトレンドになるのか。


4 :名無しさん@おーぷん :2016/01/25(月)12:41:18 ID:cGh(主) ×
>>2
特定アジアの場合、共産化は専制統治への移行を意味するからなぁ。
……ああ。それが正解かw


5 :長曽根虎徹◆AJ5OonnGmw :2016/01/25(月)18:24:47 ID:MLX ×
奴等、反日だけが国を成す理由だろ...


6 :名無しさん@おーぷん :2016/01/25(月)18:36:57 ID:AbC ×
幸せだった100年前に戻せば対立なんてなくなるだろ


7 :名無しさん@おーぷん :2016/01/25(月)20:03:58 ID:osp ×
そうやって人類との絶壁をウヤムヤにするつもりだろ


8 :名無しさん@おーぷん :2016/01/25(月)20:41:24 ID:2Kr ×
世代間の絶壁に南北の絶壁、そして世界との価値観の絶壁と、
まぁ色々と大変そうですねw


9 :ぬこ八 :2016/01/25(月)20:48:48 ID:W5R ×
着々と平和的トンイルに向け進んでる様だな。
個人的には、生きてるだけで死滅するぐらいのデス朝鮮を希求するw


北と統一して共産主義の国になれ、と思われた方はクリックをお願いします。

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す