FC2ブログ

プロフィール

大便民国ウォッチャー

Author:大便民国ウォッチャー

最新記事

令和の政策大転換

リンク

ヘル朝鮮、ウソの代償

最新コメント

アクセス数


現在の閲覧者数:

最新トラックバック

日本再生プロジェクト

RSS

トンスルランドが神奈川県に新たにトンスル学校設立へ

【統一日報】「在日韓国人としての民族教育受けさせる」神奈川県に新たに韓国学校設立へ、横浜・川崎が候補地[9/30]

1 :雨宮◆3.yw7TdDMs:2015/09/30(水)12:32:57 ID:FPe(主) ×
神奈川県内に韓国学校設立の計画が持ち上がっている。駐横浜韓国総領事館は25日、神奈川韓国会館で説明会を開き、朱重徹総領事が神奈川韓国学校(仮称)設立推進計画(案)を発表した。総領事館側は、公聴会を経て学校設立準備委員会を今年12月に発足させる予定だ。開校は2018年4月を目指している。(鄭重国)

 東日本地域で韓国政府から認可を受けた韓国学校は現在、東京韓国学校一校だけだ。神奈川県で学校が設立されれば、2校目となる。韓国学校は、朝鮮学校より数が少なく、学校の設立は事あるごとに課題となる。東京韓国学校は初・中・高を合わせて現在1300人の生徒が学んでおり、土曜学校(日本の学校に通う同胞学生が学ぶ学校)の学生700人を含めると、実際には2000人の学生が学校に通っている。民族学校に対する需要は、年々増加傾向にある。そのため東京・新宿区にある校舎は手狭になり、第2学校(2校目)の建設が行われているが、現在の韓日関係の影響などがあり、思うように進んでいないという。

このような中で、神奈川県内に韓国学校の設立の話が持ち上がった。 神奈川県の在日韓国人は2015年現在、人口2万9880人で、特別永住者は1万8331人となっている。同胞高齢化や新規定住者の増加、世代交代などで民団組織と一般住民の連帯感が弱まっている状況が続いており、結束のための新しい求心点が必要とされている。求心点は韓国学校になるという期待はある。

神奈川県内には、韓国学校はなく、民族教育を受けさせたい親たちは、総連系朝鮮学校に子どもたちを通わせているケースが少なくない。 しかし、あくまでも朝鮮学校は、韓国学校ではないことから、韓国学校の必要性が求められている。朱総領事は「在日同胞の未来のためには、韓国学校を通じた民族教育・人材養成が必要」と学校設立の目的を説明する。計画案によれば、学校形態は、東京韓国学校と同様の学校を目標にしている。神奈川に東京韓国学校をもう一校を建てるというイメージだ。

大きな問題は建設費用だ。設立の前提条件に、現在の「公益財団法人神奈川韓国綜合教育院」を「学校法人神奈川韓国学校」として法人格に変更させて、教育院の資産を学校設立資金に活用する計画があるという。学校設立を新築する場合は、時間や費用がかかることもあり、廃校となった校舎を利用する方法が有力視されている。場所は横浜市内か川崎市内とされており、両市の行政側も協力する姿勢を見せているようだ。総事業費の予算は12億円。半分の6億円は政府支援金で、2億円を教育院資産、4億円を寄付金で調達すると見られている。

http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=79427&thread=04


3 :名無しさん@おーぷん :2015/09/30(水)14:00:46 ID:RWw ×
>>1
在コがこれからいなくなるってのに、なんで韓国学校なんか必要だ?

どうせ将来徴兵されて、日本にはいられなくなるんだから、
日本語教育なんか必要ないだろ



4 :名無しさん@おーぷん :2015/09/30(水)15:37:09 ID:Fzn ×
嫌いな日本に無理に住んでいただかず、素晴らしい朝鮮に帰っていただくのが良いと思うの


5 :名無しさん@おーぷん :2015/09/30(水)16:23:52 ID:7xF ×
> 6億円は政府支援金で、2億円を教育院資産、4億円を寄付金

この政府は日本国政府で、寄付金は自治体の助成金の事なんだろ
教育院資産とやらもザイニチ特権を駆使したカネで出来てんだから、実際は日本のカネだろ


6 :金玉ヌク太郎 :2015/09/30(水)17:24:03 ID:R9l ×
朝鮮学校は、帰国する事が前提で存在が許されているのに、帰国する気が無い様子だし必要無いだろ。がないで


7 :へんくつ者 :2015/09/30(水)18:23:35 ID:8VL ×
俺んちの近所には来るな!


9 :名無しさん@おーぷん :2015/09/30(水)19:14:21 ID:dHw ×
祖  国  で  や  れ

反日教育は朝鮮でやれ、と思われた方はクリックをお願いします。

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す