FC2ブログ

プロフィール

大便民国ウォッチャー

Author:大便民国ウォッチャー

最新記事

令和の政策大転換

リンク

ヘル朝鮮、ウソの代償

最新コメント

アクセス数


現在の閲覧者数:

最新トラックバック

日本再生プロジェクト

RSS

大便民国の歴史教科書はウリジナルだらけ

【SAPIO】勝岡寛次氏「韓国の歴史教科書にはウリジナル一杯。歴史共同研究は聞く耳持たぬ中韓ではなく米台と始めるべき」[07/28]


ウンコリアンどもはさっさと中国の属国に戻って再教育してもらえ。

1 :帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/07/28(日) 23:26:44.87 ID:???
日本の歴史教科書にクレームを続ける韓国。だが彼らの使う教科書こそ嘘に塗り固められている。
その実態を明星大学戦後教育史研究センターの勝岡寛次氏が解説する。

 * * *
韓国の朴槿惠(パククネ)大統領は、「北東アジアの平和のためには日本が正しい歴史認識を持たねばならない」
とオバマ大統領に語ったが、この“正しい歴史認識”を体現しているのが、韓国の国定歴史教科書だ。

竹島については、韓国では「独島(竹島)はわが領土」という歌を幼稚園から歌わせており、歴史教科書だけでなく、
国語や道徳の教科書でも小学生から教えている。もはや韓国の教科書では、独島は一切の批判を許さない“聖域”と化している。

中学の歴史教科書では、〈独島は鬱陵島に付属する島で、早くからわが国の領土として連綿として伝えられてきた〉
と書かれているが、これは大嘘だ。朝鮮の文献に初めて「独島」の地名が現われたのは1906年(明治39年)で、
それまで朝鮮の人々は同島の存在すら知らなかったのである。

さらに、〈政府はここにわが国の人々の移住を奨励し、官庁を設置して独島まで管轄するようにした。
しかし日本は露日戦争中に独島を強制的に彼らの領土に編入してしまった〉と言うのだが、
朝鮮政府が竹島を管轄した事実はない。朝鮮の古地図にも書かれていない島をどうやって管轄したというのだろうか。

韓国お得意の“ウリジナル”(ウリ=韓国語で「我々」の意)歴史も登場する。
〈高句麗もたくさんの文化を日本に伝えてあげた。高句麗の僧侶彗慈は聖徳太子の師であり、
曇徴は紙、墨、硯を作る技術を教えてあげ、法隆寺金堂壁画も彼の作品として知られている〉
確たる歴史資料がないため作者不明とされているのをいいことに金堂壁画が朝鮮人の作だとする手前勝手な主張には開いた口が塞がらない。

慰安婦の扱いも年々大きくなる一方だ。慰安婦問題の章では、わざわざ「日本軍によって強制的に戦場に連行され、
性的奴隷生活を強要された女性たち」と注釈を付けた上で、
〈女性までもが挺身隊という名目で引き立てられ、日本軍の慰安婦として犠牲になったりした〉と書く。
日本の女学生らが勤労動員された「女子挺身隊」と、公娼だった「慰安婦」の区別すらできないようだ。

近年は教科書だけでなく、マンガなども歴史教材として積極活用されている。小学校教師、クォン・テソン氏原作の
『生まれ変わって花に』は、少女の慰安婦が主人公。慰安所での日本兵の蛮行を描いたマンガだ。

〈彼ら(日本兵)にとって私たちは「人間」ではありませんでした〉〈ご飯も食べられず休むこともできず、多い時は1日に70人……〉。

同書は国立中央図書館や小学校の図書室にも置かれ、歴史教育の副読本として用いられている。
捏造された歴史が、こうして子供たちに刷り込まれていくのだ。

慰安婦問題を否定し、元慰安婦の前で土下座を強いられたソウル大学の李栄薫教授は、
著書『大韓民国の物語』でこう本音を漏らしている。

「慰安婦研究と市民運動は、『朝鮮の純潔なる乙女の性を日本がほしいままに蹂躙した』
という類の大衆的な認識をバックにしており、いまや一個人としてこれに逆らう勇気を出すのが難しい」

つまり、教科書に真実を書けないのである。数年前に行なわれた日韓歴史共同研究も、日中歴史共同研究も、
さしたる成果はあげていない。中国も韓国も“最初に結論ありき”で、日本の主張には全く聞く耳を持たないからだ。
この二国には何を言ってもダメ、日本は米国や台湾との歴史共同研究に踏み切るべきである。

※SAPIO2013年8月号

http://www.news-postseven.com/archives/20130728_200027.html


2 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/28(日) 23:30:16.63 ID:ecRXQIx8
歴史的事実は曲げることができないのである 反省せよ!
日本人として恥ずかしい


3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/28(日) 23:31:54.52 ID:qyKHP6CZ
30分後の0時に在日南朝鮮人がウリジナルをカキコする。


4 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/28(日) 23:32:03.18 ID:PepOQ3XV
成りすましてないでサッサと誇り高い祖国に帰れよチョンw


5 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/28(日) 23:33:08.11 ID:HTXbYUyg
韓国の言い分は聞く必要がない
どうせたいしたことは言ってない


6 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/28(日) 23:34:52.96 ID:INps4R/4
>>2
夏休みの宿題は進んでるかい?ぼうや。


7 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/28(日) 23:37:10.95 ID:/9E/pZm2
アメリカと・・・だと・・・?

どう考えても日本が歴史に関してパートナーにするべきはイギリスだろうwww


8 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/28(日) 23:38:07.35 ID:f4Yod2na
ウリジナルでホルホルしてたいなら
北と同じく引きこもってればいいのに
出たがりだからな


9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/28(日) 23:39:30.04 ID:s/7enmDj
ウリナラ!
ウリナラ!
ウリナラファンタジーwwwww


10 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/28(日) 23:39:39.10 ID:zzHio2tp
歴史教科書限定でなくあらゆることで、鮮人への対応は決定伝達だけでイイ。


11 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/28(日) 23:40:11.96 ID:wBUpnGgx
地理はウリカトル図法
公民はウリナラスタンダード
歴史はウリナラファンタジー


12 : ◆65537KeAAA :2013/07/28(日) 23:41:41.82 ID:tpeaeorJ ?PLT(13051)
>政府はここにわが国の人々の移住を奨励し

住めるか!


13 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/28(日) 23:44:55.40 ID:gOA6zVko
日本政府も公式サイト作って誤った見方を正すべきだな


14 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/28(日) 23:50:15.43 ID:/48pO4B1
日本が戦争したのは、アメと蒋介石だからな
当時、存在しなかった中凶と南鮮だけが文句言ってるのは笑えるわ


15 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/28(日) 23:56:15.14 ID:5oUI+4bx
その方が現実的かもね
歴史という学問なら、自由民主主義国家のその三者が無難でしょ
特アのあれは証拠も資料も無いファンタジーだからなぁ


16 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 00:02:08.05 ID:Syfl+2Dd
こうやって銃乱射留学生が作られていくんですね


17 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 00:02:35.47 ID:R8Wd3DSn
もうひとつ言うなら、日本の歴史学者も外して歴史以外の学者を使ってくれ
全員が全員クズとは言わんが、権力持ったやつほどクソ学者揃いなんだよな


18 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 00:04:55.62 ID:ZqZBOaRc
ウリジナルは特亜かハン板からかな?
初出どこだろ


19 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 00:11:39.41 ID:PU5jgGSk
>>2
半万年の属国で糞以下の物だもんなぁw
お前の所の歴史ってw生きてて恥ずかしくないのw
白丁w


20 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 00:24:26.51 ID:QnUZDKml
>>2
自分の国に向かって言え


21 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 00:26:58.45 ID:igWJTdoj
もはやカルト
あとは一直線に現実から乖離していく
破滅の時まで


22 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 00:28:01.92 ID:oxLVfHW9
韓国は、漢字教育を再開しなさい。

ハングルで書かれた「捏造のウリナラ歴史」が刷り込み教育されてしまう。

もはや、手遅れだけど。


23 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 00:37:48.97 ID:mP1In2Hv
1日に70人相手にするって可能なのか?


24 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 00:44:18.80 ID:vwvwjYaJ
>>23
多くても1日に7,8人


25 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 00:45:02.48 ID:mKnzTHJZ
>>2
俺はたしかに日本人として恥ずかしい。
こんな捏造だらけの戯言を世界中にばらまかれたら先人に申し訳が立たない。
日本民族の復興を祈り神風特別攻撃隊として散って行った先人達。
日本人はこんな糞朝鮮人どもを二度と許すまい。


26 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 00:49:40.52 ID:LNi+k7kX
>>23
チョンの早漏だと可能なんじゃない?


27 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 00:52:31.82 ID:x82Wf0W9
>>23
>【韓国】タイの少女が韓国のレストラン広告を見て訪韓し売春を強要される「1日20時間働かされた」 [05/20]
>http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1369028745/

>「1日20時間働かされ、1日に6人の客をとらされた」と述べた


こんなんがあるけど、どんなに頑張っても十数人までだろ。
実際にチョンが強要してるから、逆に不可能な事の証明にもなる。


28 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 01:01:21.91 ID:8AA5A7b/
韓国と話し合えると思ってる奴には韓国の(国定教科書一種類しかない)歴史教科書を見せればいい
前提となる知識が違って話が噛み合うはずもないのにな……

31 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 01:24:16.76 ID:+7QqdpKP
>>23
韓国人は即挿入即発射なんだろうね。


32 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 01:27:33.33 ID:48kxJ+w2
>>22
朝鮮漢字はUNICODE関係者の憂鬱。


33 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 01:33:48.12 ID:O+U6bdce
>>32
なんという朗報 愚民化促進


34 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 01:59:31.62 ID:MT9kf3Lg
>朝鮮の純潔なる乙女の性

実際は売春婦輸出国なのにね


35 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 02:29:13.68 ID:WObjE4mF
歴史的事実は曲げることができないのである 反省せよ!
朝鮮人は人として恥ずかしい


36 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 02:30:38.25 ID:9zynQg18
>>35
ちょっと待って欲しい、連中は人なのだろうか?

そうでないとしたら、人に失礼ではないのか?


37 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 02:41:15.89 ID:WObjE4mF
>>36
サーセン、朝鮮人を人扱いしたことに対し謝罪します


38 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 02:53:40.87 ID:RPsKTafn
新大久保デモを取り締まるあるいは制限すれば、
幾重もの彼らのウソの補強になる。
ご一行様、ご案内。


39 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 03:01:39.10 ID:SmHOsBCq
根本的に、中韓にとっての歴史とは「政治プロパガンダ」と同義だからな。
北朝鮮が単なる休戦を「戦勝60周年」と強弁しているのと同じ。

中韓の歴史認識を受け入れろというのは、中韓の政治的主張に同意し屈服せよ、
という意味でしかない。

はっきり言えば、日本的な意味での、学問としての歴史は全然関係ない。


40 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/29(月) 03:10:11.48 ID:paFuS22e
しかし特異な民族だよなあ
中国ですら抗日ドラマのファンタジーにたいして馬鹿にしてんのかって言うのに朝鮮人はウリナラファンタジーを本気で言ってんだよな
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す