FC2ブログ

プロフィール

大便民国ウォッチャー

Author:大便民国ウォッチャー

最新記事

令和の政策大転換

リンク

ヘル朝鮮、ウソの代償

最新コメント

アクセス数


現在の閲覧者数:

最新トラックバック

日本再生プロジェクト

RSS

「有銭無罪」が蔓延するトンスルランド

【新・悪韓論】「有銭無罪」が蔓延する韓国 法相が“無法”を公言 2年前には朴大統領も…[5/14]

1 :ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c:2015/05/15(金)02:46:32 ID:3jh(主) ×
 朴槿恵(パク・クネ)大統領率いる、韓国の特殊性がまたあらわになった。先進国を名乗りながら、いまだに「法治主義」が確立されていないようなのだ。法曹界出身の首相候補に次々と醜聞が発覚し、司法界には「有銭無罪・無銭有罪」が蔓延(はびこ)っているという。韓国のあきれた現状を、ジャーナリストの室谷克実氏が連載「新・悪韓論」で考察した。

 「あの国は法治主義国家ではない」と言われることは、現代国家にとって最大級の恥辱だと思ってきた。が、世界は広いものだ。法務大臣が「わが国はいまだ法治主義国家ではない」と公言する国もある。隣の国、韓国だ。恥を恥とも感じないのか、いや、正直な国民性の表れだと信じたい。

 旧聞になるが、4月24日のことだ。この日は韓国では「法の日」に当たる。祝日ではないが、裁判官や検事など官界の法曹幹部が集まり記念式典がある。

 2年前は50回の節目に当たったからだろう。朴大統領が式典に出席して“朴槿恵語録”に残る演説をした。

 「『有銭無罪・無銭有罪』のような恥ずかしい話が大韓民国でこれ以上常用されないように皆さんが先頭に立ってほしい」と。

 一国の元首が、司法界に蔓延る「有銭無罪」の実態に触れただけでも画期的な演説といえる。ただ、この大統領演説の後も、「有銭無罪」はまかり通っている。

 あれから2年。今回は黄教安(ファン・ギョアン)法相がこう述べた。

 「法曹人が率先垂範して法を守る姿を見せることが法治主義確立のカギだ」と。つまり、法治主義がいまだ確立されていない現状を語っているのだ。

 朴氏が13年2月の大統領就任を前に、最初の首相候補に指名したのは憲法裁判所長を務めた金容俊(キム・ヨンジュン)氏だった。足に障害がある人物で、朴氏は「法治・道徳性、弱者に対する配慮」を指名の理由に挙げた。

中略:当時8歳と6歳だった息子に土地を贈与した疑惑、さらに2人が痛風などを理由に兵役免除となった疑惑、投機目的で首都圏の土地を集中的に買い入れていたなど、疑惑が噴出して氏名を辞退した。次に指名された最初の首相は検事出身だったが息子の兵役逃れの疑惑が発覚。次の首相の候補は検事時代に大規模汚職を摘発したことで有名だったが、最高裁判事から弁護士に転身すると半年で1億円ほどを荒稼ぎ。やはり腐敗が疑われて候補を辞退した。次期大統領候補も汚職容疑で取り調べを受けた。

 なるほど、「法曹人が率先垂範して法を守る姿を見せること」が重要な課題になるわけだ。

 そういえば、次の首相候補はどうなったのだろう。いっこうに名前が出てこないが…。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信
入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、
評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、
「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。

ZAKZAK

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150514/frn1505141140001-n1.htm

2 :忍法帖【Lv=1,デスフラッター,hCN】 :2015/05/15(金)04:47:15 ID:lCM ×
悪い奴はどこにでもいるけど、
悪い奴しかいない、のは確かに特殊でしょうなw



3 :名無しさん@おーぷん :2015/05/15(金)07:12:18 ID:EJo ×
首相はもう駄目そうだからクネが兼任して総統になればいいよ


4 :名無しさん@おーぷん :2015/05/15(金)07:40:56 ID:jqb ×
正直に自国の現状を認めていると言うべきか、それともただのアホだと言うべき


7 :名無しさん@おーぷん :2015/05/15(金)08:17:36 ID:F5E ×
いっそ悪徳こそ美徳と開き直ってしまえよ
楽になれるぜ


8 :◆d/pQlCc6hA :2015/05/15(金)08:26:34 ID:w0U ×
(◎_◎;)大統領も首相も、法相も、千年女王が兼務でいいじゃないの。
それで、反対派を粛清しまくれば。

鮮人に法律なんて半万年早いわ、と思われた方はクリックをお願いします。

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す