FC2ブログ

プロフィール

大便民国ウォッチャー

Author:大便民国ウォッチャー

最新記事

令和の政策大転換

リンク

ヘル朝鮮、ウソの代償

最新コメント

アクセス数


現在の閲覧者数:

最新トラックバック

日本再生プロジェクト

RSS

バカチョンの反日パフォーマンスに批判殺到

【国際】「大韓民国万歳!」安倍首相と前ソウル支局長が土下座して足蹴にされる 朝鮮日報「トンデモパフォーマンス動画」に批判が相次ぐ[10/16]

1 :???φ◆FdDsU0B5ivx5 :2014/10/16(木)19:05:39 ID:???
ソウルで行われる反日デモで日の丸が燃やされるのは今となっては「おなじみの光景」だが、さらに過激なパフォーマンスが問題化している。安倍晋三首相と産経新聞の加藤達也前ソウル支局長(48)のお面をかぶった男性が路上にひざまずいた末に土下座し、周りの人から足蹴にされるという内容だ。

このパフォーマンスは朝鮮日報が日本語版でも報じ、動画をユーチューブの公式チャンネルに掲載している。コメント欄にはパフォーマンスに批判的な声が大半で、日本で問題化している「ヘイトスピーチ」よりも悪質な「ヘイトパフォーマンス」だとする声も出ている。

■土下座して足蹴にされた直後に立ち上がって「大韓民国万歳!」と叫ぶ

朝鮮日報のユーチューブ公式チャンネルに掲載されている「土下座パフォーマンス」動画。安倍首相と加藤前支局長のお面をかぶった男性が足蹴にされている
朝鮮日報によると、パフォーマンスは2014年10月13日午後、ソウル市内で行われた。記事は1分43秒の動画付きだ。動画では、産経新聞に謝罪を求める内容の横断幕の前にお面をかぶった男性2人がひざまずくが、周辺から「おい、何あぐらをかいているんだよ! 土下座しろ!」などとヤジが飛ぶ。2人は踏みつけられながら土下座して許しを請い、それが認められたのか、直後に立ち上がって「大韓民国万歳!」と叫ぶという内容だ。

問題となったコラムが掲載されて以降、産経新聞ソウル支局前では保守派の団体がたびたびデモを行っており、今回のパフォーマンスもその一環だとみられる。

動画はユーチューブの朝鮮日報公式チャンネルに掲載されており、そこに記事からリンクが張られている。ユーチューブのコメント欄には複数の言語で書き込まれており、総じてパフォーマンスには否定的だ。とりわけ日本語のコメントは、パフォーマンスにあきれる内容ばかりだ。

「安倍首相、産経加藤氏へのヘイトパフォーマンス」
「加藤支局長の在宅起訴は南朝鮮による拉致監禁そのもの」
「韓国人がお面をつけてても、一国の総理大臣を足蹴にするって、産経新聞が朝鮮日報記事引用で大統領を侮辱した(と韓国与党とメディアは言っている)より侮辱度ひどくないですか?」
英語でも

「とても文明社会に見えない。日本は、こんな哀れな3級国家の相手をすべきではない」
と、同様だ。

■韓国語版にはパフォーマンス支持する声ばかり

ただ、この動画の受け止め方には日韓で相当な隔たりがあるようだ。このパフォーマンスを伝える記事は、朝鮮日報の韓国語版にも掲載されている。このコメント欄の大半が、

「誤りを認めて謝罪することが紳士の道理だ」
「日本の悪辣さに守りで対応するのではなく、私たちも攻勢に出て彼らを懲らしめてはどうか」
といった勇ましいものばかり。問題となった産経新聞のコラムの「元ネタ」が朝鮮日報だったことを念頭に、

続きを読む

http://www.j-cast.com/s/2014/10/16218560.html?p=2

4:名無しさん@おーぷん :2014/10/16(木)19:27:11 ID:ZoLzWNLh7
また 世界が 韓国から 孤立していく・・・

5 :名無しさん@おーぷん :2014/10/16(木)19:40:34 ID:OJVtBgyTh
いつも思うのだがこのバイト儲かるの?

6 :名無しさん@おーぷん :2014/10/16(木)19:52:42 ID:bHGsgVN20
【千歳】しか許されなかった属国がやっと
【万歳】叫べるようになったのにな
近い将来また【万歳禁止令】下されるんだろうな

7 :ディック75mmヤバイ◆XPUaQf8bts :2014/10/16(木)19:57:03 ID:tUGxoIKCo
毎週水曜日に日本大使館の前に行けば何時でも見られる観光名所です

8 :名無しさん@おーぷん :2014/10/16(木)20:03:59 ID:liRKUv8Mi
(゚д゚)ウマー

青林堂 @seirindo_book ・ 10月14日

「大嫌韓時代」お待たせの重版分が書店に廻り始めました。
紀伊国屋新宿南口店にて”社会部門売上ベスト1”獲得!
ネットで書店でお買い上げの皆さまありがとうございます。

ps://twitter.com/seirindo_book/status/521975329842139137/photo/1



青林堂 @seirindo_book ・ 23時間 23時間前

「大嫌韓時代」7刷決定!お待たせの重版分が書店に廻り始めました。
おかげさまで、ネットだけでなく書店様からも連日たくさんの
ご注文をいただいております。

ps://twitter.com/seirindo_book/

9 :国交断絶◆0KmuDzgi8U :2014/10/16(木)20:23:55 ID:jV4JP2YrT
昨日やっと、大嫌韓が発送された
2週間まった

10 :国交断絶◆0KmuDzgi8U :2014/10/16(木)20:24:32 ID:jV4JP2YrT
テョンは馬鹿だから、国交断絶以外に無いだろう

11 :名無しさん@おーぷん :2014/10/16(木)20:27:10 ID:h631OUz5D
リンダ女王様のお客だったような人が、趣味でやってるのかもね。
普通の人はバイトでも足蹴にされるのは嫌がるだろう。

12 :国交断絶◆0KmuDzgi8U :2014/10/16(木)20:33:04 ID:jV4JP2YrT
しばき隊はいつもヘイトとうるさいが、こんな時は
何も言わないって、正体を丸出しすぎww

13 :名無しさん@おーぷん :2014/10/16(木)20:34:40 ID:aMfQIhJyz
おぇっ、桝添、虎之助、養老、田原、、、。

どうすんねや、お前ら。朝鮮人はこう言うのが普通やからな。
何が>国民同士はどうとか抜かすなカス。

14 :名無しさん@おーぷん :2014/10/16(木)20:42:02 ID:r5B3O1amg
韓国マスコミは、起訴を批判していたのにこれは流すのか…
何がマズイのか理解できてなかったんだな。

15 :名無しさん@おーぷん :2014/10/16(木)20:44:07 ID:IG5bkGwwI
(*´ω`*)大韓民国は、たった一人のジャーナリストに敗北するんです。
加藤支局長半島無双。
死刑以外なら加藤氏の勝利。超easyモード

16 :名無しさん@おーぷん :2014/10/16(木)21:32:14 ID:43DaSELpq
この感覚は日本人には絶対に理解できないものだと思う

17 :名無しさん@おーぷん :2014/10/16(木)22:15:09 ID:liceiseq4
>>16
そりゃヒトモドキだもの
日本人には、じゃなくて人類にはだと思う

18 :名無しさん@おーぷん :2014/10/16(木)23:29:45 ID:joMsvPyCm
>>1
サンケイ記者と同じ名誉毀損事件な訳だが。

19 :名無しさん@おーぷん :2014/10/16(木)23:39:00 ID:NNgLrrfo3
動画が、出てた。
頭おかしいよ、こいつら韓国人はw これが、本物のヘイトスピーチなんだろう。

【日韓断交】 安倍首相と産経新聞前ソウル支局長が朴槿恵大統領に謝罪!!?
https://www.youtube.com/watch?v=PTJOu35X_Do

20 :一般人♪ :2014/10/16(木)23:42:03 ID:wkMFl7u8j
妄想の中に逃げ込むしかないんだな~(´・ω・`)

21 :名無しさん@おーぷん :2014/10/16(木)23:44:15 ID:9TPglarVY
リンチ受ける役のニダーさんは日当いくらもらえるんでしょうね?

22 :忍法帖【Lv=17,きめんどうし】◆DkNUg5.mE2DX :2014/10/17(金)00:45:52 ID:3ppNKXI0l
次作には、ここに元記事を書いた朝鮮日報の記者も加わるんだろ?w

23 :名無しさん@おーぷん :2014/10/17(金)01:01:52 ID:LD0UXV72U
(◎__◎;)脅迫のつもりで、また世界に鮮人の本性をお知らせしてしまったようです。

24 :名無しさん@おーぷん :2014/10/17(金)03:30:17 ID:kkxcSoEVO
安倍を叩くのはいつもの事だし、他国の首脳批判なんてどこでもあるから、
政治的な理由でやっていると諸外国も理解するだろうが、
産経の支局長を叩くのは、国家全体が言論弾圧をしてると受け取られかねないんだよなぁ。
お隣の人間がその事に全く気づいていないというのがよくわかる。

ここで産経新聞が謝罪したら、お隣では面子が立つのだろうけども、
他から見れば国家全体で圧力をかけてジャーナリズムを捻じ曲げた事になるんだよね。
お隣の人間はどこまで狂っていくのだろうか。

国交断絶は大歓迎だぞ、と思われた方はクリックをお願いします。

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す