FC2ブログ

プロフィール

大便民国ウォッチャー

Author:大便民国ウォッチャー

最新記事

令和の政策大転換

リンク

ヘル朝鮮、ウソの代償

最新コメント

アクセス数


現在の閲覧者数:

最新トラックバック

日本再生プロジェクト

RSS

トンスルランドで外国人に対する性犯罪が急増

【韓国】外国人に対する性犯罪が急増、ネチズン「事実なら強姦魔は全員死刑にしろ!」「付き合う女にも問題がある」[8/26]

1 :雨宮◆3.yw7TdDMs :2014/08/26(火)22:18:53 ID:KZpedBnHZ
韓国・朝鮮日報は25日、韓国で外国人に対する性犯罪が急増していると報じた。

ソウル地方警察庁によると、外国人に対する性犯罪の発生件数は2009年の76件から2013年には213件と、3倍近くに急増したという。この期間の、性犯罪全体の発生件数も4250件から7350件に増えているが、伸び率は1.7倍だった。警察関係者は、スマートフォンのアプリなどによって外国人と会いやすくなったことが性犯罪を増加させていると分析している。

このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは多くのコメントが寄せられている。主な意見を紹介しよう。

「外国人への強姦は国の恥さらしで一層タチが悪いとするトーンの記事は、相当未開です。強姦は誰に対しても『無条件』に悪行であって、これを犯した者は全員厳しく、厳しく処分しなければ」「こんな奴はアソコを切り取って、20年ほど監房送りで。食わすメシ代が勿体ないけど」

「自分さえ良ければ何しても構わないという考え方に問題あり。他人を自分のように考えて気遣う教育が幼少時から徹底されておらず、韓国ではこのようなことが日常茶飯事だ」「大韓民国の教育を正すべきです。家庭教育も大事です」

「検挙して被害補償の義務を徹底的に負わせろ。国の恥だ」「相手が内国人でも外国人であっても、意図的な強姦、暴行、性犯罪は一罰百戒だ。最低でも欧米や中東の先進国のように20年以上の長期求刑や無期懲役、死刑に処さねば」

「外国の男とへべれけになるまで飲んだ女にも問題がある」「外国人による犯罪への対応が先です」

「防犯カメラがいかに犯罪を抑えているか、よくわかる… 防犯カメラの威力を恐れ、多くの犯罪予備軍が(犯罪しようとする)考えを捨てていることだろう」「事実なら死刑にしろ… アメリカならすれ違いざまに接触しただけで捕まってしまう」

「もう解いてしまえ。法的に自由にできるよう… 性犯罪率を抑えたいなら、カネで堂々と処理できるようにして、人権の保護については警察が別途頑張れば良いのでは?」 (編集 兼田)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140826-00000042-xinhua-cn

2 :国交断絶◆0KmuDzgi8U :2014/08/26(火)22:46:22 ID:g6xkIrFlj
テョンの国技を、否定するのか非国民め


3 :名無しさん@おーぷん :2014/08/26(火)22:48:59 ID:7tQseky3o
>「自分さえ良ければ何しても構わないという考え方に問題あり。他人を自分のように考えて気遣う教育が幼少時から徹底されておらず、韓国ではこのようなことが日常茶飯事だ」
>「事実なら死刑にしろ… アメリカならすれ違いざまに接触しただけで捕まってしまう」

国民全員死刑ですな


4 :名無しさん@おーぷん :2014/08/26(火)23:00:56 ID:13XfyzcRe
何で日本のマスコミはこんな大事な事報道しないの?
まさか危険の周知がヘイトスピーチとやらになるん?



5 :名無しさん@おーぷん :2014/08/26(火)23:07:40 ID:sUf3DdyP3
×→「外国の男とへべれけになるまで飲んだ女にも問題がある」

◯→「韓国の男とへべれけになるまで飲んだ女にも問題がある」


6 :長曽根虎徹 :2014/08/27(水)02:09:38 ID:d6QBFR6kZ
日本の先人達はよく言っていた…
 『朝鮮人を見たら犯罪者と思え』と。
特亜を除く世界中の人達はこれから言う事になる…
 『朝鮮人を見たら犯罪者と思え』と。


7 :名無しさん@おーぷん :2014/08/27(水)02:47:17 ID:uTN1yaktN
>>1
>韓国で外国人に対する性犯罪が急増している

噂かと思ったらマジだったのねww


8 :名無しさん@おーぷん :2014/08/27(水)03:19:59 ID:qnxAVRvno
強姦魔を全員死刑にしたら、雄テョンがいなくなるだけだろ?

さすがレイプ大国トンスルランド、と思われた方はクリックを
お願いします。


スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す